ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小辰さん、立派な初トリ・火事息子

今日は研精会です。

市助が転失気。いつもながらきちんとやってます。

市楽さんは転宅。義太夫の師匠お梅も泥棒も、芸風を反映しておおらかですね。

志ん吉さんは岸流島。少しフラットだったかもしれません。

遊一さんは崇徳院。まさに正調の崇徳院でしょう。

夢吉さんは田河水泡作・千両箱。掘り出し物を探して、いい噺を持ってますね。

小辰さんは火事息子。初主任ながら、情景も情感も十分に描いてます。いつかまたタツジンって呼ばれるかな。