ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

風車さんの鰍沢にゾクッと

今日は、池袋演芸場で協会の二ツ目勉強会でした。

開口一番は、大きないっぽんが道灌です。こまめにウケました。

たこ平さんは張らないところが魅力です。松山鏡はなかなか雰囲気のある役作りでした。

歌扇さんは大らかで理屈抜きに楽しい代書屋です。

時松さんは、鍋を囲む酒の温かさにドタバタぶりも愉快に二番煎じ。

正太郎さんの佐々木政談は、四郎吉の可愛いさとしたたかさが効いています。

実力者登場で風車さんは鰍沢です。薪をくべる仕草とともにじわじわと寒さが凍みわたりました。