ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

裏研精会は長講の会

今日は内幸町ホールで裏研精会でした。妻と一緒に観賞しました。

市助がたっぷりたらちね。

遊一さんが宿屋の仇討ちの面白さをしっかり描きます。

市楽さんは、気合いよく大工調べです。人物の描き分けのコントラストはこれからですか。

こみちさんの星野屋は、お花のふわふわ感にも江戸のキレがあります。

志ん吉さんのふだんの袴は、軽く楽しく笑えます。前半の侍の懐の厚みが描ければさらに上出来です。

とにかく、研精会はハイレベルな二ツ目の会です。妻も納得していました。