ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

いろんな味が楽しい定席

今日は広小路亭定席。

文治師の一番弟子、たか治が子ほめ。

音助が雑俳。

クールな夏丸さんは、淡々と後生鰻。

A太郎さんは真田小僧

和妻のイケメン翼さん。

笑好さんはがんばってたなぁ、片棒。

金太郎師はのどかな猫の災難。

相撲が始まりました、一矢さん。

可楽師は、高尚なiPS細胞のマクラから臓器屋。

そして仲入り。

クイツキは期待の松之丞さんで、谷風の情け相撲は大丈夫。客席はどれか一人に語るようにイジること。つぶやきではダメ。

チャーリーさんは、居酒屋お通夜。

タイ帰りの歌蔵師は代書屋。

右紋師は広小路の味覚案内から激辛三昧。一緒に飲みたいね。

お元気になられた扇鶴さんは花街の情緒たっぷり。一緒に弾きたいね。

理論派歌若師は、やはり知的になっていく御神酒徳利。考証があるんでしょうね。

いろんな味が楽しい定席です。