ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談修師 着実に歩んで渋く死神

立川流夜席です。

半四楼が元犬。

吉笑さんは舌打たず。気持ちはよくわかります。

談吉さんはがまの油。キレ味よく口跡良好です。

龍志師は家見舞。心地よい江戸の風が吹きます。

こはるさんは権助魚。キレイになって素敵です。

談修師は死神。着実に渋みをのせてきた本寸法です。