ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

始さん お大尽も弾むお見立て

永六輔さん肝煎りの最尊寺永住・秋です。

まず恒例のご住職の法話です。

来春昇進の駒六が真田小僧

馬石師は王子の狐。細かい工夫が詰まっています。

志ん吉さんはもう半分。亭主をクールに演じます。

始さんはお見立て。イキのいい愉快なお大尽です。