ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

こみちさん 工夫の光る茶の湯

研精会です。

来春寿昇進の小多けが初天神

小辰さんは高砂や。下手な謡を次々繰り出す調子が上手です。

緑太さんは宮戸川。描写力があり光景がくっきり浮かぶます。

志ん吉さんは紙入れ。艶のあるしたたかな女将がいい感じです。

遊京さんはつづら泥。無理を修正して改作を施したい珍品です。

もうすぐ卒業のこみちさんは茶の湯。豆腐屋の女房やお花ちゃんなどの工夫で、地味な噺をパッと明るくしています。