ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

いま最高に脂ののった顔付け

池袋演芸場の下席は、最高に脂ののった顔付けで大入りです。

かな文がたらちね。

小辰さんは代脈。がっつりウケています。

寿昇進の歌実さんは湯屋番。可愛いです。

喬太郎師は茶代。珍品でグッと惹きつけます。

ホームランさん。

一之輔師は黄金の大黒。軽い工夫が光ります。

文蔵師は転宅。随所に隙を凝らして巧妙です。

扇里師は鼓ヶ滝。端麗で清涼感があります。

さん喬師はそば清。佇まいからして玄妙です。

翁家社中。

扇辰師は一眼国。回向院の見世物から仕舞いまで、ゆるぎなく気迫がこもっています。

明日は千秋楽!