ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

左橋師 心が安らぐ井戸の茶碗

正月とGWは3日もある四の日寄席です。

馬石師は権助芝居。本当の七段目をしっかり描くので笑えます。

やまと師は粗忽長屋。力量が込められた迫真の粗忽で魅せます。

文菊師はやかんなめ。よくぞ身共を呼び止めたでもう爆笑です。

一左さんはいもりの黒焼。ドンバリバリっと飯米に追われます。

左橋師は井戸の茶碗。細部が丁寧に織り込まれ心が安らぎます。