ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談慶師 おもしろい井戸の茶碗

立川流夜席です。

語楼が金明竹

早く上がった志らら師は酔っ払い。変わらずに楽しく愉快です。

志奄さんは千早ふる。今や安定してクスグリがキマっています。

談四楼師は一文笛。心にしみる上質な語りと巧みな演出で酔わせます。

らく平さんは洒落小町。さんまの唄がいい感じの調子づけです。

談慶師は井戸の茶碗。コミカルな話芸を活かした無理なく笑える仕立てです。