ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

菊太楼師 爽快な居残り佐平次

池袋演芸場の下席の初日です。

辰のこがたらちね。

なな子さんは紀州。林家らしいはこびの地噺に挑んでくれています。

志ん陽師は猫と金魚。いらだつようなところを心地よく観せる話芸です。

左龍師はお菊の皿。スキのない真っ当な仕立てで余裕があふれています。

とんぼまさみさん。

琴調師は大岡政談より人情さじ加減。淡々と語って表情も間も絶妙です。

馬石師は野ざらし。可能性を探っての妙にオツな解釈がかなり好きです。

天どん師は合併の再編家族。クイツキで飄々と仕上げる力はさすがです。

一琴師はじつは珍しいやかん泥。スケールを大きく描いてくれています。

小菊さん。

菊太楼師は居残り佐平次。気どらない語り口が活きて、いのど~んが爽快です。