ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小蝠師 やさしく語る火事息子

サニーホール落語会は小蝠師匠の会です。

六月昇進のたか治があわてもの。先代文治の浅草寺の堀の内です。

寿昇進の蝠よしさんは元犬。確かめるようなしっかりした運びです。

小蝠師の一席目はろくろ首。ナカナカ~と愉快なところが愉快です。

お仲入り。

小蝠師のトリは火事息子。ソフトな語りで子を想う親の気持ちがじわっと染みてきます。