ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鳳楽師の洗練の運びの蛙茶番

今日はしのばず寄席です。

鳳月が子ほめ。

笑二さんは鉄板の走れメロス。散歩ラリーがパラパラくるので、機転の漫談です。

とみーとみーさん。

伸治師は長屋の花見。ほがらかに語って春の訪れをいっぱい感じさせてくれます。

山緑さんは出世馬喰・加藤孫六。散歩ラリーご案内からしっかりした足取りです。

雲水師は代書屋。久しぶりの上方版の後半がシニカルでおもしろく、楽しめます。

青空たのしさん。84歳でも新しい曲に挑んでいて素敵です。

鳳楽師は蛙茶番。江戸の粋を醸しながら、さらりとキレイにサゲる演出は洗練されています。