ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

左談次師 フラ心地よい幇間腹

今日は立川流夜席です。

うおるたーが子ほめ。

こはるさんは六尺棒。小気味よい語り口が活きた、嫌味のない仕上がりです。

志獅丸さんは疝気の虫。栃木産の餃子好きな江戸っ子の虫の仕草が素敵です。

志ら乃師は長短。ゴメンねの長さんと表情で魅せる短七がいいバランスです。

雲水師は時うどん。二人仕立てがはじめの都々逸から楽しくてたまりません。

左談次師は幇間腹。心地よいフラに包まれて、巧みにギャグがちりばめられて、笑いっぱなしです。