ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

円橘師 ちょっと渋目の茶の湯

久しぶりの両国寄席です。ナイスな顔付けに大入りです。

栄豊満がまんじゅう怖い。

おめでたいとむさんは悋気の独楽。後半だけやる形です。

橘也さんは珍しいいもりの黒焼き。米俵がばかばかしくて無条件に笑えます。

楽松師は松山鏡。ここでしばし、ベテランのこなれた味わいになごみます。

萬橘師は手紙無筆。ザラつきのある掛け合いがおもしろすぎて後を引きます。

小円楽師は粗忽の使者。調子よく粗忽ぶりが繰り出される具沢山に満腹です。

兼好師は看板のピン。表情のメリハリが効いていて、観ていて楽しすぎます。

奇術はダーク広春さん。

円橘師は茶の湯。ご隠居はもちろん長屋もぐっと渋く描いて深い味わいです。