ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小柳師の飾らないお見立て

今日は日本橋亭のめいめい披露目の初日です。

楽ちんがたらちね。昇吾がからぬけからの牛ほめ。

桃之助さんは浮世床の夢。マイルドな安らぎです。

笑好師は動物園。漫画チックな滑稽さです。

笑遊師は酔っぱらい。練達の技を繰り出して、見事な上機嫌ぶりです。

小柳枝師は崇徳院。落語の国から次々に湧き出てくる円熟の一席です。

口上。笑遊師の熱い言葉を、「生きざまで魅せろ!」と僕は解きました。落語は客が語り口の個性を味わうもので、その語り口に自身の落語家人生を刻むのがプロで、刻むために芸がいると。

うめ吉さん。

笑松改メ小柳師はお見立て。ナチュラルで素朴で飾らない好演でした。