ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談四楼師の端正な柳田格之進

今日は立川流夜席です。

談子が子ほめ。お母さんの昔話のやさしさです。

吉笑さんは自作のぞおん。初演の頃よりも意図することがわかりました。

こはるさんは果敢に三軒長屋。若い衆はもちろんバッチリです。鳶の頭の女将さんは苦手っぽいネッてのはご愛嬌です。

談幸師は替り目。押しも引きもしないうどん売りの佇まいがナイスです。

談之助師はおなじみの選挙あれこれ。

談四楼師は柳田格之進。的確な情景描写をベースに、毅然とした武士の姿と商家の人間模様が交錯する逸品です。