ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

助六師の至芸光る両国八景

今日は国立演芸場の夜の部でした。

昇羊がたらちね。

桃之助さんは粗忽長屋。サラ口らしくカラッと仕上げているのが素敵でした。

D51さん。

鯉朝師は置泥。夏泥っぽい蒸し暑い語りで仕上げてくれました。

北見マキさん。和妻はシブくてカッコいいです。

笑遊師は幽霊の辻。フラ以上に腕が冴えて絶妙な怖さ加減の一席。感服いたしました。

芝楽師は本膳。

小文治師は長短。鯔背な短七さんが光っています。

ボンボンブラザースさん。いつもより余計に客席に降りてくれました。

助六師は両国八景から操り人形踊りのかっぽれ。香具師の売り声も心地よい、八代目譲りの至芸に出会えて感激です。