ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雲水師の見事な猫忠

今日は立川雲水師匠の独演会です。

寸志が明るく手紙無筆。もう二ツ目でいいんじゃないかな~。

雲水師の一席目は青菜。お屋敷から植木屋さんが面白くって、サゲまでたくさん笑えます。

二席目は猫忠。男らしい常吉が締まります。女房おとわの見分があって、真田幸村の抜け穴んところから、鳴り物入りの猫の白状まで見事に盛り上げてくれました。