ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

はじめての亀戸梅屋敷寄席

はじめて亀戸梅屋敷寄席に来ました。ちょうどいい広さの会場です。

楽喜が牛ほめ。明るくっていい。

愛坊が狸札。

好の助さんはうんこのマクラから味噌豆。

王楽師は片棒。次男の銀のキャラが鮮明なこの演り方はナイスです。

橘也さんは本膳。汁をもどしてる場合じゃなかったかも。

小円楽師は火焔太鼓。意外に押していて、どんどんどど~んと運んでいただきました。

(GWだからか)お客さんが落語を観るモードじゃなく入っているので試行錯誤しているんですね。落語馴れしてる両国のお客さんとは違うようでした。