ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

はな平さんの寝床が楽しみ

今日も地元、四合わせ二ツ目会の町屋お笑い寄席です。少しずつお客さんが増えてきてよかった。

昇々さんは肥がめ。古典もいいですよ。ちゃんといつもの昇々流が活きてます。

志ん吉さんは池田大助。子供のキンキンした感じが得意で安心ですね。演題がわからず初見かと思ったら、3年前に志ん橋師匠で一度観てました。

八ゑ馬さんは花筏。やはり上方は強い。地の文でしっかり笑えます。

はな平さんは寝床。旦那が若いです。これからどう進化するか楽しみです。店立て~「芸惜しみ」あたりから茂造や長屋の衆がぐぐっと盛り上げてくれて万々歳でした。