ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

ぜん馬師の本格的な阿武松

今日は地元の荒川落語会です。

愛坊が平林。いいヤツじゃないかと感じました。

笑二が寄合酒。はじめて来た落語会でお客さんをつかめる、もうすっかり得意ネタです。

楽松師はお花半七。ご存じ宮戸川の序です。

ぜん馬師は阿武松。先代円楽ゆずりという、景色の浮かぶ本格的な語りです。そして今回は出演者が少ないからとサービスで尻餅。語りはもちろんのこと、餅をつく音まで気持ちよく響きます。

もう師走なんですねぇ。