ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

こみちさんの巧みなおさき

今日は研精会です。

市助が金明竹。大阪弁のイントネーションが達者です。

市楽さんは寄合酒。威勢よく調子よく仕上げました。ガラっぽい噺がいいですね。

昇々さんは強情灸。大丈夫かってほどの全身フルスイングで熱がってくれました。

小辰さんは一分茶番。マイペースでとぼけた権助がチョー笑えます。具合のいい間合いです。

夢吉さんは疝気の虫。悪さをしている虫の芝居がチョー愉快です。

こみちさんは厩火事。おさきの微妙な心情を丁寧にかわいく描いています。女流ならでは、とはいえこれはさすがです。