ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小満ん師の猫久に納得

黒門亭一部は二ツ目がトリ。番頭ははな平さん。

小はぜが子ほめ。

柳朝師は蛙茶番。漫画のように繰り出されるギャグにゲラゲラ笑ってました。

小満ん師は猫久。歴代の小さんが紡いできたこの噺は現代では分かりにくいけれど、この一席でその魅力が肚に落ちてきました。

丈二師は引越の夢。設定されてる直球だけで、噺の顛末を抱え込んで完投しちゃうのが、無手勝流っていうのかミラクルです。

歌太郎さんはお見立て。おおらかな持ち味が発揮されてます。杢兵衛お大尽がオタクっぽくキモくていいっす。