ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小駒さんのシリアスな大工調べ

今日はいよいよ小駒さんが卒業する研精会です。

市助が出来心。

産休が明けて研精会に復帰したこみちさん、武助馬はすっきりほがらかでした。

小辰さんは真田小僧六文銭までしっかり楽しく演ってくれました。どこもダレてません。

宮治さんは、研精会では他の場所より落語家らしく演っています。こないだも今日の幇間腹も大ウケでした。すっかり馴染んできました。

遊一さんは麻のれん。按摩の杢市の所作で魅せたい、小品ながら難しい噺です。入船亭の技を堪能しました。

小駒さんは大工調べ。バカってより、事の次第にオロオロする情けない与太郎です。これがスパイスになって、噺が全体にシリアスに締まります。これぞ龍馬流ですか。