ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

左橋師の唐茄子屋政談がしみた

今日は庚申塚の四の日寄席です。また満席になりました。

駒次さんは反対列車。いい噺を持ってるなぁ。テツならずとも楽しめます。

菊輔師はちりとてちん。お客さんにわかりやすく語る気配りが心地よい師匠です。縮豆転珍?

じつはサーファーの一左さんは鈴ヶ森。物騒な闇夜を十分に描き、客席を引き付けました。

才紫さんは代書屋。持ち味のキレを活かして、ぽんぽんテンポよく笑わせます。合ってます。

左橋師は唐茄子屋政談。何気ない吉原田圃の光景のところが、妙にしみてきます。これぞ古今亭ですかねぇ。