ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

里う馬師 厚く重みのある船徳

しのばず寄席です。

全太郎が魚根問。

鯛好さんは鈴ヶ森。懸命に客席を温めます。

全楽師はちりとてちん。力量があふれます。

腹話術はスージィーさん。

談之助師はおなじみ談志伝より笑点と選挙。

貞寿師は石川一夢。佐倉義民伝の名手です。

左利きさん。

里う馬師は船徳。若旦那にも重みがあります。

右団治師 心に染み入る子は鎹

花便り寄席はプレミアムフライデーの第2部です。

だん子がなごやかにやさしく語る転失気。

みのりがキリッと語る武蔵伝の道場破り。

銀冶さんは富士山の安産神の木花咲耶姫

ホイットニーはナッキィさん。

双葉さんはのどかで自然豊かな王子の狐。

紙切りは絵馬さん。

右団治師はしっとりと心にしみてくる子はかすがい。

みなさん素敵な花盛りです。

小助六師 愉快に練った七段目

お江戸日本橋亭定席の千秋楽は小助六師匠の会です。

開口一番(こう治?)が転失気。

べん橋が堀の内。

小痴楽さんは花色木綿。若くカッコよく笑わせます。

助六師の一席目は猫の災難。柔く巧みに演じます。

楽輔師は天狗裁き。こなれた滑稽味で引き込みます。

鯉橋師はたがや。爽快感のある江戸風味が光ります。

うめ吉さん。チャーミングななすかぼです。

助六師のトリは七段目。雷門らしい愉快に練られた芝居振りです。

朝之助さん力演! 三方一両損

二ツ目勉強会です。

彦星が一目あがり。

かゑるさんは都々逸親子。クスグリが効いています。

わん丈さんは寄合酒。マジメに明朗快活に演じます。

小んぶさんは安兵衛狐。大きく演って愛嬌があります。

花ん謝さんはちりとてちん。確かな臨場感があります。

朝之助さんは三方一両損。大家たちも威勢のいい力演です。

充実した流れに納得の黒門亭

黒門亭の第二部です。

ぐんまがグレコ奮闘記。栄えあるバックドロップです。

遊京さんはろくろ首。中国帰りでフラっぽいのが出てます。

馬桜師はたがや。志ん朝・談志の二つのサゲを味わいます。

司師は湯屋番。艶っぽくてオツなたたずまいの若旦那です。

南喬師は青菜。年季が入った心地よい木綿の肌ざわりです。

鯉栄師の雨夜の裏田圃が怖い

かっぱの演芸会in日暮里です。

金かんが道灌。

円満師は浮世床の本~夢。ほわっとした優しい持ち味が活きて気持ちよくなります。

鯉栄師は村井長庵雨夜の裏田圃。くっきり演じ分けが効いてゾクッゾクッとします。

夢丸師は水屋の富。悪夢にも商いにも清兵衛さんの人柄のよさが感じられる好演です。

天歌さん 表情豊かに天狗裁き

神田連雀亭の日替り夜席です。

どんなときもちゃんと演る大人のみなさんの真摯な高座に感謝です。

喬の字さんは牛ほめ。さん喬門下らしい落ち着きがあって上質です。

遊かりさんは寄合酒。芸協らしいカラッと楽しい可愛げがあります。

鯛好さんはちりとてちん。声の高低の幅が効くようになっています。

天歌さんは表情豊かに天狗裁き。オチのない夢の話を聞きたくなります。