ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

次代を担う実力派!七人の侍

動物園に寄って土曜の七人の侍です。

枝太郎師はおなじみの小間物屋政談。

助六師は思わず納得する大山詣り

鳳志師は明かりも落ちるよ重信殺し。

鯉橋師は5代柳昇の春が来た里帰り。

貞寿師は軽く熊沢蕃山・郭のご意見。

円福師は野ざらし~優しくなすかぼ。

この面々は、次代を担う実力派です。

男たちの軽い噺 季刊はるかぜ

ぴっかりさんも一花さんもいないんです......ってんで季刊はるかぜです。

朝之助さんはしっかり強情灸。

一蔵さんはどっしりおすわどん。

一猿さんは真面目に武助馬。

正太郎さんはさすがの犬の目。

㐂いちさんは若々しい粗忽の釘

気の合った男たちの軽い噺はいいものです。

喬の字さん 説得力あるねずみ

すがも巣ごもり寄席です。

貞鏡さんは名月若松城。美しくメリハリを効かせます。

兼太郎さんは磯の鮑。師匠ゆずりの軽快な面白さです。

一花さんは初音の鼓。人柄を思わせる丁寧な高座です。

喬の字の締め!はねずみ。改メ小志ん師の説得力のある語りです。

天どん師 時をかけるおっさん

池袋演芸場の中席夜の部です。

ごはんつぶが道灌。

花いちさんはしゅ手術のオペトメ。

さん助師は珍品を上手くめがね泥。

アサダ二世さん。

小ゑん師はしっかり継承したフィ。

茜師は快談牡丹燈籠よりお札貼り。

ロケット団さん。

白鳥師はおなじみ実録鶴の恩返し。

小袁治師はならではのかかあ天下。

駒治師ははじめて知った十時打ち。

文菊師はかなり洗練された湯屋番。

ストレート松浦さん。

天どん師はタイムスリップの時をかける山田。

円丈師はお元気 噺家と万歩計

国立演芸場の中席です。

やまびこが子ほめ。

めぐろさんは頑張ってからぬけ。

丈二師は意外に真っ当な権助魚。

小猫さん。

清麿師は暴走のバスドライバー。

正雀師は四段目~奴さん姐さん。

東京ガールズさん。

はん治師は味のあるぼやき酒屋。

ダーク広和さんヤルね。

円丈師は落語アンケート~噺家と万歩計。

志獅丸師 おおらかに大工調べ

立川流夜席です。

志ら松が十徳。

志の彦さんは強情灸。ほのぼのあたたかい語りです。

志のぽんさんはのめる。軽快に夏バテを解消します。

談慶師は夏泥。人柄をクリアに演じ分けてくれます。

志ら玉師は勘定板~お伊勢参り。感じ良い踊りです。

志獅丸師は大工調べ。おおらかな与太郎が素敵です。