ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鯉昇一門が揃って賑やか 浅草

浅草演芸ホールの中席後半昼の部です。

松麻呂が伊井直人(仙台の鬼夫婦)。

鯉舟さんは勘定板。

和妻は北海翼さん。

柳若さんは猫の皿。

鯉八師はにきび。

ナオユキさん。

鯉枝師は実践自動車教習所。

文治師はお血脈

お仲入り。

京太ゆめ子さん。

南なん師はへっつい幽霊。

松鯉師は観世肉付きの面。

太神楽はよし乃さん。

寿輔師はしりとり都々逸。

お仲入り。

鯉橋師は蔵前駕籠。

ぴろきさん。

柳好師は唖の釣。

茶楽師は目黒の秋刀魚。

紙切りは今丸さん。

鯉昇師はねずみ。

この加減が丁度いい 七人の侍

今日は夏休みでお江戸両国亭七人の侍です。

鯉橋師は甲府いからすっきり踊ってかっぽれ。

貞寿師はハッピーで爽やかに演じ出世浄瑠璃

お仲入り。

枝太郎師は先代が子は鎹を改作した子故の春。

鳳志師は痩せ過ぎか心配だがきっちりと百川。

お仲入り。

円福師はソフトに真景累ケ淵より豊志賀の死。

 

円太郎師 楽しいお崎の厩火事

国立演芸場中席の初日の第一部です。

貫いちが平林。

ぴっかりさんは爽やかに演じ表彰状。

一左師は仕草でも笑っちゃう幇間腹

やまと師はしっかりしたあくび指南。

めおと楽団ジキジキさん。

円太郎師は調子のいいお崎の厩火事

鳳楽師 安定感が抜群の阿武松

亀戸梅屋敷寄席です。

楽べえが子ほめ。

楽天さんは少々イラッとくる長短。

楽京師はサクサク運んで禁酒番屋

お仲入り。

全楽師はなかなか面白いだくだく。

鳳楽師は安定感たっぷりの阿武松

楽之介師 ためになります荒茶

亀戸梅屋敷寄席です。

楽べえが転失気。

鯛好さんは声の大きい替り目。

佑行師は丁寧に目黒の秋刀魚。

お仲入り。

萬橘師は工夫が多い爆笑の長短。

楽之介師は荒大名の茶の湯(荒茶)。