読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

昇々流のステキな御神酒徳利

町屋お笑い寄席です。

志ん吉さんは道灌。大きく構えて余裕を持って笑わせてくれます。

はな平さんは崇徳院。持ち味のあったかい滑稽味を伸ばしています。

八ゑ馬さんは書割盗人(だくだく)。上方らしく楽しく絵を描いていきます。

昇々さんは御神酒徳利(新羽屋まで)。昇々流の善六さんがファンキーでオツで素敵です。

歌之介師 母のアンカにホロリ

今日はJAL名人会です。

一猿が転失気。

円満師は骨皮。江戸っ子らしくサラリと粋に味よく演じます。

太福師は(曲師はみね子さん)地べたの二人。これはガロ系にぶっ跳んでる新・浪曲です。

談慶師は人情八百屋。ぐっぐっと胸にしみる立川流ならではの熱演です。

風藤松原さん。

歌之介師は母のアンカ。お母さんそしてわが子への想いにホロッときます。

小柳師 ほがらかに語る茶の湯

今日は「落語フリーダム」です。

あまぐ鯉が桃太郎。

楽ちんが黄金の大黒。

五月寿昇進の桃之助さんは禁酒番屋。丁寧にほどよい愉快を演じています。

おなじみの~色モノ代わりの~鯉太の~バッタもん歌謡ショー。

笑好師はつぼ算。ひょうひょうとちゃんと語る真面目なキャラクターです。

金太郎師は甲府い。江戸っ子のガラの語りに、人情が温かくのっています。

お仲入り。

鯉太師は子ほめ。演じる話芸じゃなく八公を自身に重ねて意外にオツです。

マグナム小林さん。

小柳師は三軒長屋もある茶の湯。ほがらかに通る声には客席を包む力がありそう…です。

春の国立の芸協でほんわかと

国立演芸場の中席の千秋楽です。初日の裏を返します。

幸之進さんがつる。明日から二度目の寿昇進、おめでとうございます。

小痴楽さんは幇間腹。若々しい艶のあるカッコいい噺家になってます。

里光師は動物園。高座運びがこなれてきて、虎の仕草もまた愉快です。

一矢さん。

鯉朝師は金語楼作品の酒の素。若い頃のように思いきり暴れてください。

松鯉師は大高源吾。宝井其角と出会う雪の両国橋の光景描写は絶品です。

京太ゆめ子さん。

談幸師は片棒。寄席の高座に馴染んだ師匠はもうあの頃よりも軽快です。

奇術は山上兄弟さん。お父さんの代演です。

円遊師は火焔太鼓。表面は荒っぽい夫婦の会話の中に温もりがある語りです。

素敵な面々が揃った池袋中席

池袋中席です。

昼トリの左龍師は厩火事。確かな腕とお崎の豊かな表情に爆笑です。

そして夜の部。

朝七が子ほめ。

わん丈さんはそうだ寿限無きこう。あっくんに笑い泣きです。

龍玉師は親子酒。酒呑みを憎らしいほど巧みに演じています。

一風千風さん。

小せん師は三人無筆。帳付けの人々を具合いよく描写します。

文蔵師はスゴい道灌。噺の可能性を玄妙愉快に開花させます。

アサダ二世さん。

白酒師は茗荷宿。茗荷づくしのメシでこんなに笑えるなんて。

一之輔師はなんと館林! 武者修行と珍妙なサゲの迷品です。

お仲入り。

披露目直前の朝也さんはそば清。どぉ~もの声も高らかです。

小団治師はがまの油。気骨稜々の逞しい語りがたまりません。

ストレート松浦さん。

天どん師はおせつ徳三郎より花見小僧。春らしくふわっと楽しい仕立てです。

小談志師 清々しく語るねずみ

立川流夜席です。

志らぴーがたらちね。

こはるさんは湯屋番。白波五人男の台詞がキマっています。

志獅丸さんは権助提灯。高座にどっしり安定感があります。

龍志師は家見舞い。江戸の風と人物の可愛げがたまりません。

雲水師は桃太郎。さくっと運んで面白くてためになります。

小談志師はねずみ。嫌味のない誠実な人柄を感じる一席です。

菊之丞師 艶のある確かな転宅

今日は地元町屋のサンポップ寄席です。

はまぐりが子ほめ。

菊之丞師の一席目は長さんが関西人の長短。東西の言葉の対照も達者です。

一左さんは竹の水仙。町屋の星は一歩一歩着実に前に進んでいるようです。

紙切りは正楽さん。

菊之丞師のトリは転宅。度胸も艶もあるお菊さんが泥棒を手玉にとります。