ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

猫は百栄師 バイオレンススコ

池袋演芸場下席2日目です。

杏寿が子ほめ。

一花さんは幇間腹

朝七改メ朝枝さんは真田小僧

門朗改メ文太さんは宗論。

のだゆきさん。

文菊師は長短。

おさん師は大工調べ。

お仲入り。

ぴっかりさんは権助提灯。

一之輔師は長屋の花見

ストレート松浦さん。

百栄師は仁義なき猫たちのバイオレンス・スコ。

小もんさん柳派の味わい 笠碁

研精会です。

扇ぽうが転失気。

遊京さんは長屋の花見。のどかな語り口の貧乏です。

昇々さんは金明竹。昇々流だと気持ちよく笑えます。

㐂いちさんは辰巳の辻占。妙に軽い二人が愉快です。

緑太さんは看板のピン。しっかり見応えがあります。

小もんさんは笠碁。若々しく香る柳派の味わいです。

吉笑さん ズレてるカレンダー

サニーホールで立川吉笑独演会です。

縄四楼がたらちね。

吉笑さんの一席目は道灌。古典でもたくさん笑いをとります。

寿昇進の談洲さんは珍フライトのやおよろずの神ですか。

お仲入り。

吉笑さんは軽く鬼ヶ島の猿わん。

そしてトリはタイムトラブルのカレンダーを熱演。

柳好師 優しい心の通うねずみ

伝通院寄席です。

遊七さんは元犬。

金也師は天災。謹厳実直な語り口です。

遊之介師は時そば。精魂込め演じます。

歌助師はためになる着物講座~猫の皿。

柳好師はねずみ。優しい心が通います。

燕弥師 ステキな源兵衛の明烏

なかなかハイレベルな板橋落語会です。

八ゑ馬さんはつるるで盛り上げてつる。

無事帰国した小せん師は元気に強情灸。

織音師は嫁姑の糞は異なもの味なもの。

さん光さんは程よい滑稽味の粗忽長屋

三朝師は酔っぱらいが愉快な蜘蛛駕籠

燕弥師は源兵衛が粋でダンディな明烏

志ら玉師 堂々たる構えの鼠穴

立川流夜席です。

つばなれをまえに縄四楼が浮世根問。

健康的に暮らすだん子さんは転失気。

二ツ目に寿復帰の志ら鈴さんは元犬。

談四楼師は軽さに風味がある権助魚。

落語ディーパー吉笑さんは舌打たず。

志ら玉師は堂々たる立川流のねずみ穴。

志ん輔師 心技体充実の幾代餅

浅草演芸ホール中席夜です。

市松がたらちね。

こはくさんは初天神

志ん五師はざる屋。

アサダ二世さん。

朝七改メ朝枝さんはやかん。

菊太楼師は饅頭怖い。

にゃんこ金魚さん。

木久蔵師は後生鰻。

しん平師はフランス料理。

紙切りは正楽さん。

伯楽師は替り目。

お仲入り。

たけ平師は袈裟御前。

翁家和助♡小花さん。

馬石師は子ほめ。

一朝師は転失気。

彦いち師はみんな知ってる。

あずみさん。

志ん輔師は幾代餅。