ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

今いちさん ふっくらと代書屋

二ツ目勉強会です。

南之助が転失気。

鷹治さんは普段の袴。堂々と演っています。

希光さんは亡き売。ビミョ~にダークです。

コントD51さん。

小南師は仕草で魅せるかくし芸から四人癖。

鯉白さんはよろめきじゃなくていたわかめ。

やなぎ南玉さん。

今いちさんは代書屋。ふわっとウケています。

深くて多彩に面白い 七人の侍

七人の侍です。

鳳志師は高砂や。軽い噺は軽く演ります。

鯉橋師はたがや。しっかり盛り上げます。

貞寿師は面割狂言。初めて観た珍品です。

助六師は猫の災難。いい酔い加減です。

枝太郎師は三枚起請。面白いサゲ方です。

円福師は大山詣り。ハラハラドキドキです。

この面々、いい腕持っています。

四代目円歌襲名 爆笑の龍馬伝

四代目円歌披露目の国立夜の部です。

市坊がたらちね。

わん丈さんは近江八景

歌橘師は宗論。

鏡味仙三郎社中。

歌る多師は松山鏡~玉簾。

市馬師は禁酒番屋

口上。

アサダ二世さん。

歌司師はお化け長屋。

浮世節は橘之助師。

円歌師は龍馬伝。もちろん会場は爆笑の渦に包まれます。

残すところ3日です。

充実した全楽師 猫の皿・佃祭

日暮里サニーホールで全楽Go!です。

まん坊が日和違い。

はち好が新聞記事。

全楽師の一席目は猫の皿。店の主のとぼけ具合いが絶妙です。

お仲入り。

全楽師のトリは佃祭。気風のよい船頭の金五郎が素敵です。

この2~3年でぐっとカドが取れて良くなっています。

キウイ師 気合いを込めたがや

立川流夜席です。

半四楼が十徳。

笑二さんは真田小僧。ませたかわいらしい金坊です。

7月寿昇進の志獅丸さんはドタバタ愉快な引越の夢。

志ら玉師は辰巳の辻占。お玉のキャラが楽しめます。

談吉さんは牛ほめ。キレッキレ上等のいい調子です。

キウイ師はたがや。気合いを込め見応えがあります。

小笑さん 愉快なくしゃみ講釈

ほくとぴあ亭です。

全太郎がやかん。いいね。

昇市さんはお見立て。明るくさわやかな好青年です。

羽光さんはペーソスのある私小説落語スローバラード編。

始さんは野ざらし。キレッキレ陽気に盛り上げます。

小笑さんはくしゃみ講釈。おとぼけぶりに大笑いです。

王楽師 わかりやすい禁酒番屋

両国寄席です。

じゃんけんが真田小僧

らっ好さんは正しく美しく道灌。

小歌師は渋いいぶし銀の子ほめ。

中日ファンの窓輝師はぞろぞろ。

志遊師は優しく軽やかに寄合酒。

小円楽師は妙におもしろい紙入れ。

楽麻呂師はほのぼの愉快な道具屋。

伊藤夢葉さん。

代バネの王楽師はどっこいしょっと禁酒番屋