読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

円橘師の庖丁 鯉昇師のねずみ

JAL名人会です。

一猿が一目あがり。

美るくさんは権助魚。からっと明るくて愛らしい権助です。

菊太楼師はへっつい幽霊。古今亭を味わう厚みの語りです。

円橘師は庖丁。メリハリを効かせて巧みに演じる逸品です。

キャン×キャンさん。

鯉昇師はねずみ。フラと話芸の波状攻撃に惹き込まれます。

竹三さん 進境を示す五貫裁き

二ツ目勉強会です。

昇りんが子ほめ。

遊里さんは湯屋番......と思いきやにわかに庭蟹。

吉好さんは花見の仇討。大ネタにもコミカルに挑みます。

ひでややすこさん。

談幸師は茶の湯。風流にして可笑し味のある十八番です。

鯉白さんはあやしげにチックタックじゃなくリアルラブ。

太神楽はよし乃さん。

竹三さんは五貫裁き。上方の本寸法で見事にトリをキメます。

こみちさん 見応えある虱茶屋

二ツ目勉強会です。

ぐんまが平林。

やなぎさんは真田小僧。力み気味でも若々しく元気があります。

市江さんはずっこけ。じっくりタメを効かせた酔いっぷりです。

吉緑さんは厩火事。稽古が活きたクリアな聴きやすい口跡です。

こみちさんは虱茶屋。愛嬌のある軽妙な仕草で客席を沸かせます。

まめ平さんは星野屋。厚みで演じて性悪なお花が垣間見えます。

緑君さんのおちゃめな! 死神

光る二ツ目の会です。

朝七が真田小僧

扇さんはきく麿師作の歯ンデレラ。かわいいおばあちゃんです。

歌太郎さんは寝床。どっしり構えたっぷりパワフルに運びます。

天歌さんは禁酒番屋。新作に通じる明るく演じる工夫沢山です。

緑君さんは死神。死神のおちゃめなキャラクターがナイスです。

吉幸さん 粋にサゲる野ざらし

イケてる顔付けのシンプー寄席が......ツバナレという不思議です。

真紅さんは桂昌院。今日が誕生日の紅師匠の十八番で祝います。

昇也さんは片棒。柔らかく心地よい落語家さんらしい語りです。

小痴楽さんは大工調べ。練れてきて、可愛げも色気もあります。

鼻息の荒い竹千代さんは、お見合いパーティでよく言われます。

吉幸さんは野ざらし。来るのが幇間じゃないサゲが洒落ています。

昼夜通しで満喫 しのばず寄席

しのばず寄席、今日は昼の部からです。

伸力が牛ほめ。

今いちさんはやかん。堂々と重みが増してきています。

枝太郎師はお菊の皿。パワフルに盛り上げてくれます。

ジャンふじたにさん。

円丸師は佃祭。漁師の金五郎の気風のよさが光ります。

お仲入り。

阿久鯉師はコシダメのよい幡随院長兵衛と桜川五郎蔵。

青空たのしさん。

好楽師は替り目。小粋で滋味溢れる語りがナイスです。

流し込みで夜の部です。

伸力が狸札。

鯛好さんは鈴ヶ森。だいぶ馴染んでけっこう笑えます。

好田タクトさん。

遊之介師はお見立て。楽しくひょうきんなタッチです。

あおい師は大名花屋。若々しい伝助とお花が素敵です。

一矢さん。

鳳楽師は蒟蒻問答。こなれた確かな味わいがあります。

大入りだ! 立川流広小路寄席

立川流の広小路亭昼席は大入りです。

語楼が子ほめ。いいよ!

らく人さんは短命。練れてきています。

吉笑さんは堂々と定番の狸の恩返しすぎ。

三四楼さんはまんまでいいよあくび指南。

志ら乃師は半額。グロサリー部門ですね。

雲水師はさすがのしゃべりの桜の宮(花見の仇討)。

志らべ師は弥次郎。けっこう楽しめます。

志ら玉師は安定感の権助魚からなすかぼ。

左平次師は薮医者。味よく仕上げます。

談之助師は笑点と選挙から懐かしのヒーロー。