ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

池袋は熱い!顔付け 彦いち師

池袋演芸場の下席は大入りでヒートアップしています。

やまびこが寿限無

扇兵衛さんは酒の粕~穴子でからぬけ。

小せん師は鷺とり。大阪の雀が絶妙な仕草と表情です。

扇辰師は権兵衛狸。鋏の所作にも厚み深みがあります。

一風千風さん。

しん平師は茗荷宿。のどかな内にハラハラ楽しめます。

左龍師は花筏。見応え十分のストーリーを味わいます。

お仲入り。

きく麿師は歯ンデレラ。入れ歯の存在感を効かせます。

百栄師はいちごサンダルちゃん♡バイオレンス・スコ。

太神楽は勝丸さん。

彦いち師はねっけつ!怪談部。巧みな展開に爆笑です。

吉好さん 久蔵の光る紺屋高尾

二ツ目勉強会です。

あら馬が雑俳。

幸之進さんは黄金の大黒。貧乏ぶりに落ち着きがあります。

羽光さんは七度狐。ハメモノから仕草まで楽しい限りです。

宮田陽・昇さん。

助六師は相撲場風景。おしっこは難しい....伝承の味です。

遊里さんは粗忽長屋。力のはいった難しい粗忽に挑みます。

桧山うめ吉さん。

吉好さんは紺屋高尾。久蔵の滑稽キャラが本人っぽいです。

祝!三代目 新たな小南の誕生

国立演芸場は三代目小南の襲名披露、夜の部です。

こう治がつる。

くま八さんは芋俵。ごろって間は味になるのかも。

可龍師は畠山さん。カッコよく踊る奴さん姐さん。

金太郎師は厩火事。情のこもった言葉で魅せます。

奇術は山上兄弟

小遊三師は蒟蒻問答。百舌の嘴~はうれしい限り。

温かい口上。司会は可龍師です。

南なん師は不動坊。絶妙なボケ味を醸し出します。

鯉昇師は千早ふる。時節柄モンゴル版に爆笑です。

東京ボーイズさん。

三代目小南師は箒屋娘。先代の十八番に納得です。

市楽さん 思いっきりの不動坊

研精会です。

小多けがつる。来春寿昇進で小もん、おめでとう!

小はぜさんは猫の皿。あと味よくまとまっています。

小辰さんは紋三郎稲荷。貴重な噺をありがたいです。

昇々さんは粗忽の釘。落協柳派に囲まれて奮闘です。

披露興行明けのこみちさんは颯爽と附子(枝太郎作)。

市楽さんは不動坊。思いっきりドタバタで終始にぎやかです。

好楽師 じわっと愉快な提灯屋

両国寄席です。

じゅうべえがみそ豆。

鳳月がざる屋。

好吉さんは釜泥。丁寧に演じてナイスです。

兼太郎さんは看板のピン。昇進おめでとう!

鯛好さんは饅頭怖い。ミドルの優しさです。

好太郎師は酔っ払い。酔って力があります。

ぜん馬師は千早ふる。枯れた味があります。

神楽師はたらちね。威勢よく駆け抜けます。

菊仙さん。

好楽師は提灯屋。無筆送りから判じ物まで愉快です。

広小路亭 流し込みでしのばず

上野広小路亭は、遊吉師の調子のいい浮世根問から。

紙切りは花さん。

トリの円馬師はふぐ鍋。コシと旨味に溢れています。

そのまま流し込みでしのばず寄席です。

伸しんが古着買い。

楽大さんは強情灸。大きな身体で笑わせてくれます。

ジャンふじたにさん。

里光師は旅行日記。芸協らしい風味の今輔作品です。

こなぎ師は吉岡兼房。ふくらみがありまろやかです。

左利きさん。

里う馬師は天災。八公と名丸の対照が効いています。

A太郎さん 進境を示して死神

ほくとぴあ亭です。

伸しんががんばって古着買い。

昇羊さんはだくだく。明るくさわやかなのがいいところです。

とむさんはヨイショ太郎。部長のSNS映えに付き合います。

遊京さんは粗忽長屋。張らず力まず噺の世界にいざないます。

A太郎さんは進境を示す死神。外連味なく惹きつけて魅せます。