ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鯉橋師 キレイにリアルに転宅

すえひろがりの落語会これが噂の日大文理です。

楽ぼうがたらちね。

桜子が秋色桜の序。

里光師は飄々と語る紀州

桃之助師は丁寧に忠実に禁酒番屋

鯉昇師は千早ふる。何度観ても爆笑です。

小柳師は鼻ねじってか隣の桜。

カントリーズさん。

鯉橋師は転宅。キレイなお菊姐さんです。

好吉さん確かな歩み 紺屋高尾

神田連雀亭の日替り夜席です。

歌扇さんはやかんなめ。おおらかで優しい芸風です。

花飛さんは道具屋。本寸法でしっかり楽しませます。

さん光さんは町内の若い衆。後の女房がリアルです。

好吉さんは紺屋高尾。真面目な三遊亭らしい久蔵です。

ゆる楽しい鹿芝居 辰巳の辻占

国立演芸場中席の昼の部です。

乃々香が元犬。

馬久さんは明瞭な強情灸。

馬治師は軽快に真田小僧

馬楽師はシブく替り目。

菊春師・世之介師ハル&ヨノの奇術は縄抜け。

正雀師はスゴい毛氈芝居。

馬生師は旨味の干物箱。

ハル&ヨノの獅子舞。

鹿芝居は嘘か誠 恋の辻占(辰巳の辻占)。

この芝居、かなり楽しめます。

さん光さん 腰痛に耐え幾代餅

板橋落語会です。

燕弥師は転失気。しっかりソフトな語りです。

八ゑ馬さんは息子がうどん屋で酔う、親子酒。

織音師は柳生旅日記の序、十兵衛と沢庵禅師。

三朝師は天災。江戸っ子の滑稽味が絶妙です。

小せん師はふぐ鍋。熱くて美味そうな鍋です。

さん光さんは幾代餅。誠実な人柄の清蔵です。

孫弟子が異彩競う 立川流夜席

立川流夜席はオール新作です。

談洲がファーストキスは「蜜の味」。

談吉さんはキテレツな「当たりの桃太郎」。

志の春さんは娘とボブと「お父さんの約束」。

吉笑さんは無間オチの「走馬灯」。

がじらさんは芝浜ハルマゲドンか「高輪ゲートウェイ」。

志ら乃師はめんどくさい八五郎の「ゾンゾンびんびん」。