ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

超大入り! お盆の両国千秋楽

お盆の両国寄席の千秋楽は超大入りです。

好也が寄合酒。

楽大さんは強情灸。心がほっこりします。

とむさんは「んのない女」。まあいいね。

王楽師は普段の袴。カッコよくキメます。

小円楽師は千早ふる。心地よい厚みです。

朝橘師は円生ゆかりの位牌屋。好演です。

好の助師は堀の内。独自の工夫の間です。

ダミーさん。

兼好師はお化け長屋。珍しい(按摩モモンガアを省いた)完全版です。

高座舞を堪能 光る二ツ目の会

黒門亭は光る二ツ目の会です。

市若が千早ふる。

歌実さんは六尺棒。若々しく爽やかです。

馬久さんは臆病源兵衛。見応え十分です。

花飛さんは金明竹。謹厳実直に演じます。

左吉さんはロックンロール園長。ファンキーです。

大喜利の高座舞はチョーカッケー!! 花飛・歌実の槍さび、左吉・かゑる・馬久の岡崎五万石、全員で武田節。

広小路亭でのんびりと夏休み

上野広小路亭の上席の千秋楽です。

あまぐ鯉がまんじゅう怖い。

夢丸師はお菊の皿。いつでも元気溌剌です。

鷹治さんはちりとてちん。確かに運びます。

奇術はポロンさん。

可風師はつる。マイルドで頭が疲れません。

右団治師はくしゃみ講釈。上等な語りです。

太神楽はよし乃さん。

蝠丸師は応挙の幽霊。怖くっても笑えます。

今いちさんはくず湯。先の今輔の逸品です。

ひでややすこさん。

鯉栄師は任侠流山動物園。スゴい迫力です。

伸治師はかぼちゃ屋。模範的な匙加減です。

東京ボーイズさん。

小文治師は徂徠豆腐。語りも仕草も端整です。

ほぼ志らく門下! 立川流夜席

立川流夜席は、ほぼ志らく門下です。

かしめがん廻し。もうすぐ昇進です。

がじらさんは新作。とめどなく脱構築します。

志らべさんはあくび指南。ギャグが満載です。今秋昇進です。

こしら師は湯屋番。得意技の妄想が次々に炸裂して爆笑です。

キウイ師は豆屋。芸や技じゃなく温かい人柄がにじみ出ます。

志ら乃師は酔っぱらい。遊びのないストロングスタイルです。

連雀亭 なんとなくいい顔付け

神田連雀亭の日替り夜席です。

寸志さんはつぼ算。店主の愉快なキャラが秀逸です。

紅純さんは笹野名槍伝海賊退治。迫力ある熱演です。

笑二さんは青菜。くすぐりの間と安定感が抜群です。

ふう丈さんはお見立て。大きい声を有効に使います。

里う馬師 厚く描く木乃伊取り

立川流日暮里寄席です。

縄四楼が子ほめ。

志の太郎さんは親子酒。きばって上等です。

志ら乃師はたらちね。サラサラナイスです。

志遊師は紙入れ。やさしく情感があります。

談四楼師は千早ふる。滑稽噺の外連が素敵です。

吉笑さんはあんちゃんやってるね。いいね!

米粒写経さん。

里う馬師は木乃伊取り。権助と座敷の空気が濃く満ちます。

各派の個性を堪能 四派競演会

浅草余一は四派競演会。にぎやかです。

じゅうべえがつる。

竹千代さんは真田小僧

竹三さんは秘伝書。

吉幸さんは大安売り。腹が据ってます。

味千代さん。

兼好師は権助魚。

三四郎さんはmomo。桃太郎・改です。

好太郎師はちりとてちん

できたくん

鶴光師は鼓ヶ滝。おなじみの西行です。

左平次師はたがや。加減よい軽さです。

コント青年団さん。

談笑師は金明竹。これは!津軽弁です。

米助師は落語禁止法。

藤本芝裕さん。

竹丸師は石田三成伝。

各派の軽い噺の競演を堪能しました。