ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

朝之助さん力演! 三方一両損

二ツ目勉強会です。彦星が一目あがり。かゑるさんは都々逸親子。クスグリが効いています。わん丈さんは寄合酒。明朗快活に演じます。小んぶさんは安兵衛狐。大きいのに愛嬌があります。花ん謝さんはちりとてちん。確かな臨場感があります。朝之助さんは三方一両損。大家たちも威勢のいい力演です。

充実した流れに納得の黒門亭

黒門亭の第二部です。

ぐんまがグレコ奮闘記。栄えあるバックドロップです。

遊京さんはろくろ首。中国帰りでフラっぽいのが出てます。

馬桜師はたがや。志ん朝・談志の二つのサゲを味わいます。

司師は湯屋番。艶っぽくてオツなたたずまいの若旦那です。

南喬師は青菜。年季が入った心地よい木綿の肌ざわりです。

鯉栄師の雨夜の裏田圃が怖い

かっぱの演芸会in日暮里です。

金かんが道灌。

円満師は浮世床の本~夢。ほわっとした優しい持ち味が活きて気持ちよくなります。

鯉栄師は村井長庵雨夜の裏田圃。くっきり演じ分けが効いてゾクッゾクッとします。

夢丸師は水屋の富。悪夢にも商いにも清兵衛さんの人柄のよさが感じられる好演です。

天歌さん 表情豊かに天狗裁き

神田連雀亭の日替り夜席です。

どんなときもちゃんと演る大人のみなさんの真摯な高座に感謝です。

喬の字さんは牛ほめ。さん喬門下らしい落ち着きがあって上質です。

遊かりさんは寄合酒。芸協らしいカラッと楽しい可愛げがあります。

鯛好さんはちりとてちん。声の高低の幅が効くようになっています。

天歌さんは表情豊かに天狗裁き。オチのない夢の話を聞きたくなります。

べ瓶X三四郎X吉笑に爆笑!

海の日の巣ごもり寄席は粋な上方特集です。

爆笑トーク富士登山から酒ぐせのモンダイ。上方勢の“盛り”が光ります。

三四郎さんはMOMO。外国人相手の桃太郎から異文化を考えさせます。

理屈の吉笑さんは京風の関西弁のぞおん。もう十分に洗練されています。

実力者べ瓶さんは鴻池の犬。しっかり船場の風を味わえる上等な一席です。

里う馬師のタフなお化け長屋

立川流夜席は子どもがいるし逢い引きもいる妙な客席です。

笑んが真田小僧

がじらさんはかぼちゃ屋。スッキリ筋が通っています。

志の彦さんはたがや。橋はごった返しているようです。

談之助師はおなじみ立川流の由来から上納金のはなし。

小談志師は締め込み。喧嘩にもほのぼの感があります。

里う馬師はお化け長屋。後の男がなかなかのタフガイです。

王楽師 明るくクリアな愛宕山

両国寄席です。

栄豊満が半分垢。

鯛好さんは看板のピン。貫禄ある親分で魅せます。

品行方正な好吉さんはこれでいい真っ当な寄合酒。

正雀師は茄子娘。昔話のような味わいで包みます。

談幸師は青菜。軽くツボを掴んでいき大ウケです。

円福師は野ざらし。派手なステテコまで見せます。

好太郎師はしの字嫌い。見応えのコシがあります。

奇術は鶏女の荒木巴さん。

王楽師は愛宕山。オツを気どらない明るくクリアな好演です。