ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

夢太朗師厚み十分 貫禄の芝浜

国立上席夜の部です。

馬ん次が子ほめ。

信楽さんはフレッシュに六尺棒

小夢師は流れるように時そば

可龍師はかなり上手い四段目。

紙切りは花さん。

貞水先生はありがたい徂徠豆腐。

凌鶴師はマラソンの父・金栗四三

楽輔師はよくこなれた風呂敷。

ひでややすこさん。

夢太朗師は勝五郎の厚み十分に芝浜。

志らべ師 寿昇進!木乃伊取り

立川流日暮里寄席です。

かしめが酒の粕~からぬけ。

寸志さんは寿限無

がじらさんは権助魚。

左平次師は紙入れ。

ぜん馬師は出来心。

おめでとうございます!真打披露口上。

キウイ師は真打への道。

里う馬師は雑俳。

志らべ師は木乃伊取り。母親のキャラの工夫が光ります。

蝠丸師 明るく温かく徂徠豆腐

しのばず寄席です。

金かんが一目上がり。

三四楼さんは遠山の金さん制度。桜吹雪が舞っています。

愛うえおさん。

鳳志師はふぐ鍋。食べるまでの表情がとっても愉快です。

梅湯さんは新吉原百人斬お信殺し。お紺も聞きたいです。

青空たのしさん。

蝠丸師は徂徠豆腐。明るい滑稽味にあふれた人情噺です。

鷹治さん 落ち着きあるねずみ

神田連雀亭の日替り夜席は芸協の伸び盛りに落協の花って顔付けです。

橋蔵さんは初天神。さりげなく独特の工夫を試します。

喜太郎さんは悋気の独楽。得意のエロいお妾さんです。

美るくさんはだくだく。部屋を描く様子が楽しめます。

鷹治さんはねずみ。若いのに落ち着いて貫禄があります。

馬生師 演じ分け凄い二番煎じ

JAL名人会です。

一猿が商売根問。

昇也さんは庭蟹。近頃サラ口のムード作りが上手です。

やまと師は宮戸川。いつも几帳面にしっかり演じます。

蔵之助師はぜんざい公社。心地よく客席を緩ませます。

ナイツさんが絶好調。

馬生師は二番煎じ。練達の演じ分けにシビれる圧巻です。

八ゑ馬さん充実 爆笑の不動坊

二ツ目勉強会です。

一猿が鷺とりならぬ商売根問。

辰乃助さんは寄合酒。走り気味でもさわやかです。

粋歌さんは二人の秘密。しみじみと染みてきます。

さん光さんは片棒。三兄弟を丁寧に演じ分けます。

こはくさんはずっこけ。気張って酔っぱらいます。

八ゑ馬さんは不動坊。湯屋や屋根のドタバタに爆笑です。

歌太郎さん大きく 悋気の独楽

光る二ツ目の会です。

きよひこが狸札。

小はぜさんは浮世根問。とぼけたムードを醸します。

遊京さんはつぼ算。心地よいテンポになっています。

こはくさんは湯屋番。前向きに慎重に演じています。

歌太郎さんは悋気の独楽。大きさをフル活用します。