ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

花束の人気者 四合せ二ツ目会

町屋お笑い寄席です。今回は平日夜ですが十分入っています。

八ゑ馬さんは手水廻し。意外に長頭の男でけっこう笑えます。

昇々さんは千両みかん。昇々流の慌てまくる番頭が愉快です。

お仲入り。

志ん吉さんは粗忽の釘。シリアスな必死の粗忽がナイスです。

はな平さんはちりとてちん。世辞も嫌味も自然に表情豊かに演じます。

創業70年の餃子の一龍から花束が届く町屋の人気者です。

実は古典上等の愛橋師 幾代餅

お江戸日本橋亭で「愛橋の会」です。

全太郎が寿限無

希光がのめる。

小笑さんは粗忽の釘。今のところ安定感のあるのはコレです。

愛橋師はAED。心配な心肺で、救命で9名って…ことです。

茶楽師は三方一両損。思いのほか威勢がよくって素敵に闊達です。

鹿の子師は西行鼓ヶ滝。いい感じに柔和になってきています。

小天華さん。

愛橋師のトリは幾代餅。わかりやすい剽軽でじつは古典上等です。

講談もいいなぁ~二ツ目時代

講談協会二ツ目時代です。

初々しい貞奈が塚原卜伝より無手勝流。

こなぎさんは水戸黄門より楠公湊川建碑。

山緑さんは本能寺。来春寿昇進!です。

一乃さんはどっしり構え勝海舟の妻民子。

貞鏡さんは大岡政談よりしばられ地蔵。

あったかいすずさんは意地っ張り五千石。

講談もいいね!

一之輔師 健在の毒と炎に納得

一之輔師・夏の毒炎会の収録です。

駒次さんは東急を軸に鉄道戦国絵巻。どっと沸かせます。

一之輔師は鰻の幇間。ファンの心を掴むまさに毒炎です。

お仲入り。

水戸大神楽は柳貴家雪之介さん。

一之輔師のトリはらくだ。ご通家も唸る火屋までフルの熱演です。

7月23日(日)のスカパー!のTBSチャンネル2で!

和める楽しい兼好鯉栄二人会

兼好・鯉栄二人会です。

じゃんけんが釜泥。

鯉栄師は狼退治。遠吠えも高らかに、確かに男前です。

兼好師は厩火事。おさきのとぼけたキャラが秀逸です。

お仲入り。

兼好師は桃太郎。ギャグに加え豊かな表情でみせます。

鯉栄師のトリは鉄砲のお熊(白鳥作)。力強く、かわいく、楽しく、盛り上げます。

遊之介師 軽く確かなお見立て

しのばず寄席です。

遊七が狸札。馴染んで吹っ切れそうです。

吉幸さんは真田小僧。謹厳実直な高座です。

遠野の語り部は鶴和さん。

神楽師は短命。ぶりのアラが手堅く愉快です。

すずさんは仙台の鬼夫婦。キリッと温かです。

左利きさん。

遊之介師はお見立て。軽くみえて芯は確かです。

あほの会 上方の面白味を満喫

出張を機に天満天神繁昌亭へ行きます。

毎月15日で118回目のあほの会です。

三若さんは軽やかにカリスマホームレス。

雀太さんはしっかりした胴乱の幸助前半。

仁福師は元犬。気張らない姿が素敵です。

笑丸さんは鯉津栄之助。オツな珍品です。

由瓶さんは転宅。鮮やかに力を魅せます。

きん枝師は上方のうどん屋の味の親子酒。

都師は天狗裁き。常にチャーミングです。