読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鯉橋師 見ごたえ十分の鹿政談

人形町寄席です。

文菊師は千早ふる。やわらかく上手に客席を温めていきます。

蔵之助師はちりとてちん。ツボを的確に捉えて笑い沢山です。

三木男さんは花見の仇討。丁寧にくっきり光景を描いてます。

兼好師は日和違い。軽妙な持ち味で珍品の魅力を蘇らせます。

文治師はつる。海原はるかかなたがたまりません大爆笑です。

鯉橋師は鹿政談。ためになって見応えのある上質な高座です。

和やかな小蝠師の会 禁酒番屋

今日は柳家小蝠の会です。

伸しんがまんじゅう怖い。

小蝠師の一席目は阿武松。根多おろしなんだとは思えない安定感です。

お仲入り。

腕を上げている昇也さんはお見立て。独特の風味のおもしろいお大尽です。

小蝠師のトリは禁酒番屋。水カステラから徐々にしっかり盛り上げていきます。

龍志師 たまらなく可愛い笠碁

立川流夜席です。

真田小僧が談洲。逆です。

吉笑さんは十徳。力強く構えスジを通しながら笑わせます。

志のぽんさんは風呂敷。飄々と意表をついてクスグリます。

談慶師は蛙茶番。それぞれのシーンに粋な工夫があります。

雲水師は狸賽。虚実の間が理屈抜きに楽しく大笑いします。

龍志師は笠碁。喧嘩の後の二人が愛おしくてたまりません。

市童さん なかなかのろくろ首

雨ん中の神田連雀亭のきゃたぴら寄席です。

一左さんは悋気の独楽。落語家さんらしい佇まいです。

昇吾さんは犬の目。いまは安定感があるのはこれです。

遊かりさんはだくだく。まさに汗だくだくの熱演です。

市童さんはろくろ首。ざっくりとなかなかの腕前です。

遊吉師 面白く楽しい化物使い

しのばず寄席の夜の部です。

だん子が真田小僧

琴柑さんは塚原卜伝の女武芸者・菅原お照。きれいです。

ダーク史郎さん。

明楽さんは転失気。こりゃ~新機軸へ挑んでいていいね!

小談志師は崇徳院。きちんとカラッとした高座に癒されます。

コント青年団さん。

遊吉師は化物使い。それぞれの化物を滑稽に描いていきます。

珠玉の千秋楽! 大演芸まつり

大演芸まつりの千秋楽は幹部が勢揃いの連合特選会です。

開口一番は大番頭の三笑亭夢太朗師が江戸っ子噺。

日本司会芸能協会から青空たのしさん。

ボーイズバラエティ協会から大空なんだかんださん。

東京演芸協会から名和美代児さん。

落語芸術協会三遊亭小遊三師はん廻し。

日本奇術協会から渚晴彦さん。

講談協会から人間国宝・一龍齋貞水師は黒田節の由来。

三笑亭夢太朗師が司会で口上。

漫才協会から青空球児好児さん。

日本浪曲協会から澤孝子師と佐藤貴美江さんは甚五郎・猫餅の由来。

鏡味仙三郎社中。

落語協会から三遊亭金馬師は禁酒番屋

いずれも貴重な珠玉の芸です。

談修師 やさしく演じる蛙茶番

立川流日暮里寄席です。

錦笑が道灌。思わず客席が応援って......ピクミンみたいです。

吉笑さんは一人相撲。着眼点も関西弁も合わせてにぎやかです。

こはるさんは権助提灯。女たちが冴えて豪快な権助に笑えます。

志ら玉師は近日息子。ほのぼのとした持ち味が活きて和めます。

談四楼師は人情八百屋。立川流の本領をじっくりと味わいます。

志獅丸さんは青菜。相模原を獲った後半の爆笑はもう鉄板です。

談之助師は漫談あれこれ。

談修師は蛙茶番。十八番はやさしく枯れた風味になっています。