ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

文菊師 笑いの腕も上げて青菜

人形町寄席です。

生志師はぞろぞろ。神社の人々のまくらも愉快です。

蔵之助師はまんじゅう怖い。気軽に自然に笑えます。

鯉橋師は佃祭。いまや鉄板の仕上がりの十八番です。

三木助師は長短。徐々に正統の芸風が育っています。

文菊師は青菜。笑わせる腕もしっかり上げています。

市馬師 絶妙な加減の竹の水仙

国立演芸場の中席です。

市松が道灌。

市弥さんは快活に初天神

おさん師は丁寧に狸鯉。

伊藤夢葉さん。

糠床の小三太師は寿限無

南喬師は味のあるちりとてちん

笑組さん。

蔵之助師は面白いぜんざい公社。

小猫さん。

市馬師は絶妙な加減の竹の水仙

有り難い真面目な面々 連雀亭

神田連雀亭の日替り夜席です。

志の麿さんは狸賽。真面目な性格の滲む語りです。

優々さんは短命。ほがらかな聞きやすい口跡です。

花飛さんは鮑のし。謹厳実直な手堅い語り口です。

伸べえさんは寝床。難しい噺に果敢に挑んでいます。

もったいない贅沢な顔付けです。

菊志ん師魅せる 唐茄子屋政談

池袋演芸場昼の部です。

ぐんまが堀の内。

寿昇進の白浪さんは転失気。

馬玉師は実直な幇間腹

柳家亀太郎さん。

馬石師は工夫の元犬。

菊生師はバイオのシン寿限無

ペーさん。

玉の輔師はガンの告知の作法。

志ん弥師はシブい親子酒。

ロケット団さん。

円丈師は白鳥作シンデレラ伝説。

志ん陽師はほんわか熊の皮。

小ゑん師は七夕の銀河の恋の物語。

アサダ二世さん。

菊志ん師は唐茄子屋政談の上。裏田圃の薄墨まで巧みに魅せます。

伸治師 ふわっと心なごむ寝床

上野広小路亭の中席は千秋楽前日です。

伸び太がだくだく。いいね!

伸べえさんは飄々と新聞記事。

遊馬師はコシの谷風情け相撲。

桂小すみさん。

芝楽師はほのぼのとした本膳。

遊之介師は上手いかぼちゃ屋

山上兄弟さん。

伸乃介師は味のある千早ふる。

伸三さんは磨き込んだ七段目。

まねき猫さん。

桃之助師は工夫のある動物園。

米多朗師は丁寧に語るそば清。

ボンボンブラザースさん。

伸治師はふわっと心和む寝床。

蝠丸師迫真の怪談 雪の戸田川

浅草演芸ホールは中席2日目で夜の部です。

鯉花が海賊退治。がんばれ!

鷹治さんは安定感あるつる。

瞳ナナさん。

里光師はふんばって反対俥。

鯉朝師はよるのてんやもの。

コントD51さん。

歌若師は模範の看板のピン。

小南師は融通無碍に間男。

桧山うめ吉さん。

桃太郎師は軽く結婚相談所。

お仲入り。

蝠よしさんは正しく金明竹

鯉橋師はさすがの粗忽の釘

東京ボーイズさん。

米福師は一目おきたい置泥。

小文治師は練達の手紙無筆。

やなぎ南玉さん。

蝠丸師は雪の戸田川。迫真のお紺殺しです(幽霊には蝠よしさんも)。

こみち師 女っぷりの大山詣り

ねたおろしの第46回はなし亭です。

文菊師はちりとてちん。抑えたコントラストが光ります。

菊之丞師は厩火事。貴重な確認シーンにも出会えました。

こみち師は大山詣り。宿の女中から長屋の女房たちへと盛り上げて見応え十分です。