ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雪の中の贅沢な二ツ目勉強会

大雪ん中を来た5人の客席、二ツ目勉強会です。

あら馬が雑俳。

遊子さんはだくだく。真面目に精進しています。

双葉さんはお菊の皿。パァ~ッとアイドルです。

京太夢子さんはほのぼの感いっぱい。

とん馬師は稽古屋。さすがに唄も踊りも達者です。

伸べえさんは短命。天然素朴なボケ味あります。

ぴろきさんはウクレレ愛がいっぱい。

伸三さんは明烏。本寸法で踏みしめて演じます。

夢太朗師 商家の見える猿後家

国立演芸場中席夜の部です。

竹わが真田小僧

希光さんは秘伝書。マイルドで軽やかです。

新山真理さんは巨人軍の納会。

夢花師は反対俥。跳んで跳ねて沸かせます。

コントD51さん大サービス。

東家浦太郎師は雷電の小田原情け相撲。上質です。

凌鶴師は赤垣源蔵徳利の別れ。きりりと締めます。

米多朗師は尻餅。餅屋唄も仕草も素敵です。

宮田章司さん売り声が絶好調。

夢太朗師は(猿沢池の)猿後家。商家のたたずまいが絶妙です。

らく兵さん 見応えの火焔太鼓

サニーホール落語会は立川流若手競演です。

かしめがまんじゅう怖い。がんばってるね!

吉笑さんは断捨離。初見だと疲れるけど家族への着眼点に異才を感じます。

談吉さんは野ざらし。仕草も語りもこれでもかってくらいキレッキレです。

らく兵さんは火焔太鼓。物忘れ殿など独自の工夫が効き見応えがあります。

ともに前座時代を過ごした3人がそれぞれ個性を磨いています。

 

連雀亭 個性を拓く二ツ目たち

神田連雀亭の日替り夜席はすえひろがりです。

三四楼さんはオレオレ詐欺。新作ネタおろしの小品です。

志獅丸さんは強情灸。練られて安定感が抜群で安心です。

喬の字さんは紙入れ。さすが落協って味わいがあります。

吉好さんは宿屋の富。場数を踏んできて余裕があります。

馬るこ師と期待の二ツ目たち

ほくとぴあ亭の新春落語です。

馬ん長がつる。

昇也さんは寄合酒。空気をつかんで温めます。

柳若さんは猫の皿。変なばあさんが巧妙です。

鯉八さんは放浪のつくね板が居るおちよさん。

貞鏡さんはキリリと演じ母里太兵衛の黒田節。

太神楽は小助・小時さん。

馬るこ師は時そば。沖縄の小噺などなどの連射に爆笑です。

楽春師 格調高く演じる城木屋

両国寄席です。

しゅりけんが八九升。初高座おめでとう!

楽天さんは牛ほめ。ダンサーは表情豊かです。

好太郎師は災難寿司。この噺はご自作ですか?

燕路師は締め込み。じわっと旨味が溢れます。

好吉さんは紙入れ。ツイていてもイイですョ。

兼好師は王子の狐。的確にジャブを繰り出します。

全楽師は猿後家。もはや鉄板~の面白さです。

奇術は荒木巴さん。

楽春師は城木屋。円生の風味で格調高く演じます。

朝之助さん あっぱれな黄金餠

光る二ツ目の会です。

朝七が桃太郎。

かゑるさんは寿限無。パァーっと演って場を明るくします。

朝之助さんは黄金餅。焼き場まで緊張感を保って魅せます。

辰之助さんは阿武松。相撲の力強い語り口で惹きつけます。

一左さんは松曳き。昨日より演じ分けを効かせて快調です。