ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

円橘師 音玉高らかに浮世風呂

亀戸梅屋敷寄席です。

楽太が孝行糖。

兼矢さんは愉快なお崎の厩火事

萬丸さんは滑稽味よく一分茶番。

お仲入り。

好好さんはお腹いっぱい蛇含草。

兼太郎さんは快調に看板のピン。

円橘師は音玉高らかに浮世風呂