ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

楽京師 圧巻の代バネ!阿武松

亀戸梅屋敷寄席です。

愛二郎が浮世床の本と芸。

好好さんは子ども入り真田小僧

愛楽師はあるあるからの蛇含草。

お仲入り。

朝橘師は大声が怖いよ幽霊の辻。

ここで楽大師が間に合いご挨拶。

代バネの楽京師は滔々と語り阿武松