ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

寿昇進の兼矢さん 温かく亀戸

亀戸梅屋敷寄席です。

楽太が寿限無

楽花山さんは上方弁がいい真田小僧

ぽん太さんは田河水泡作の猫と電車。

お仲入り。

好二郎さんは強いかみさんの熊の皮。

しゅりけん改メ兼矢さんはお見立て。

円橘師は激しく妬いて悋気の火の玉。