ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

2021-01-07から1日間の記事一覧

鳳楽師 厚みある語りで阿武松

亀戸梅屋敷寄席です。 楽べえが元犬。 好二郎さんは基本に忠実に湯屋番。 楽大師はリアリティのある持参金。 お仲入り。 濃厚接触者だった楽松師はがまの油。 鳳楽師は関取の厚みの語りで阿武松。