ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

2016-07-06から1日間の記事一覧

伝統を現代に 王楽師の宿屋仇

両国寄席です。 鳳月が酒の粕から牛ほめ。 鯛好さんはちりとてちん。おじさんらしい脱力感に明るく演じる気持ちがいいです。 奇才・鯉八さんはおちよさん。流れ板のセイジのシリーズを期待しつつ、爆笑です。 真楽師は猫の皿。三遊派らしく余計な説明を省い…