ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

太福師 木戸番から笹川の花会

浪曲日本橋亭はやっぱり大入りです。

三門綾さんw.馬越ノリ子さんは十返舎一九とその娘。

国本はる乃さんw.沢村道世さんは項羽と虞美人。

お仲入り。

富士綾那さんw.沢村博喜さんは陸奥間違い。

玉川太福さんw.玉川鈴さんは天保水滸伝より笹川の花会。新担当で木戸番も担ってます。

桃太郎師圧巻 裕次郎メドレー

国立演芸場の上席です。

はち水鯉が牛ほめ。

昇さんは魚根問からぐいとやかん。

芝楽師は快調にウケをとり鈴ヶ森。

魔法でポンは瞳ナナさん。

鯉朝師は上手にふくらませ松山鏡。

お仲入り。

ザニュースペーパーさん。

愛橋師は実は意外に本寸法の庭蟹。

音曲は小すみさん。

桃太郎師は裕次郎メドレーのお見合い中。

円橘師 音玉高らかに浮世風呂

亀戸梅屋敷寄席です。

楽太が孝行糖。

兼矢さんは愉快なお崎の厩火事

萬丸さんは滑稽味よく一分茶番。

お仲入り。

好好さんはお腹いっぱい蛇含草。

兼太郎さんは快調に看板のピン。

円橘師は音玉高らかに浮世風呂

鳳志師 気張らず楽しめる死神

亀戸梅屋敷寄席です。

愛二郎が浮世床の本。

楽八さんは元気よく普段の袴。

好一郎師は堂々たる三枚起請

お仲入り。

ぽん太さんは珍しい夏の医者。

鳳志師は気張らず楽しめる死神。

実力者のネタおろし 七人の侍

七人の侍はつばなれしてます。

たけ平師は地噺が上手いねぇ茄子娘。

鯉橋師は旦那が恐くないかんしゃく。

助六師はしっかりした御神酒徳利。

お仲入り。

鳳志師はよい間に笑えるやかんなめ。

楽生師は人柄の良さを滲ませて死神。

若手を輝かすぽっかぽか 池袋

池袋演芸場の下席です。

ぽん平が子ほめ。

朝枝さんは磨き上げてきた普段の袴。

はな平師は滑稽味のほどよい鮑のし。

馬玉師は足腰のしっかりした幇間腹

のだゆきさん。

さん助師は土蔵まで描いてだくだく。

扇里師はよく筋立ての整った田能久。

お仲入り。

馬久さんは笑いのとれる臆病源兵衛

藤兵衛師は初めて出会う珍しい尼恋。

粋曲は小菊さん。

正蔵師は子どもを活かしてのねずみ。