ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

円橘師 滋味のあふれる三年目

亀戸梅屋敷寄席です。

楽太が堀の内。

萬丸さんはクリアな子どもの桃太郎。

楽大師は夕立屋から仕草よく蛇含草。

お仲入り。

楽京師は愉快なおじさんのお花半七。

円橘師は滋味あふれる語りで三年目。