ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

昇々さん 妄想の夏のアオハル

春の両国お笑い寄席はちょうどいいディスタンスです。

八ゑ馬さんは前座噺なら江戸弁で弥次郎から初天神

秋昇進で志ん雀になる志ん吉さんは昇々作のお面接。

はな平さんはのどかな博多弁があたたかい権兵衛狸。

昇々さんはアオハルの夏の思い出の妄想カントリー。