ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

甘く酸っぱい私小説 羽光さん

ほくとぴあ亭です。

南太郎が狸札。

3月下席昇進の金かん改メ花金さんは愉快な酢豆腐

美るくさんは奥様と番頭版の楽しい猫と金魚。

遊京さんは基本に忠実に仕草まで丁寧に船德。

来春5月寿昇進の羽光さんは甘酸っぱい私小説落語青春編パート1。