ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

文菊師 本領発揮する火焔太鼓

浅草演芸ホール上席千秋楽夜の部です。

まめ菊が手紙無筆。

わん丈さんは滋賀の國隠し。

菊志ん師は胡椒の悔やみ。

アサダ二世さん。

寿昇進の市若さんは堀の内。

馬石師は浮世床の夢。

小菊さん。

三三師は釜泥。

しん平師は漫談無観客試合

紙切りは楽一さん。

雲助師は爆笑の新版三十石。

お仲入り。

たけ平師は小田原相撲。

菊生師は新寿限無

ニックスさん。

扇辰師は道灌。

小里ん師は長短。

太神楽は鏡味仙三郎社中。

文菊師は古今亭の真骨頂で火焔太鼓。