ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

一鶴一門若手の会 鶴瑛のWA!

鶴瑛のWA!です。

一記が本多作左衛門重次意見の釜割。

凌天が鳥居四郎左衛門と成瀬藤蔵の湯水の行水。

いちかさんは堂々たる長門木村重成の最期。

一乃師は正直の頭に神宿る正直車夫。

銀冶さんは格調高く義経と弁慶の出会い五条の橋。

鶴瑛師は吉例十二支から三方ヶ原軍記。