ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

龍志師 江戸の風満ちる居残り

立川流夜席です。

花修が寿限無

吉笑さんはおもしろい工夫を散りばめて十徳。

談修師は心地よい本寸法に満たされる夢の酒。

談四楼師は細やかに気を配って演じる権助魚。

談慶師はヒザらしくサクッと軽ろやかに豆屋。

龍志師は芳醇な江戸の風の吹く居残り佐平次

今日はお客さんが入る顔付けなわけです。