ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

織音師 じわり胸を打つ百千鳥

板橋落語会です。

三朝師は黄金の大黒。長屋の風が吹いています。

八ゑ馬さんは鉄砲勇助。上方の愉快なホラです。

さん光さんは雑俳。確かに師匠は相当恐いです。

小せん師は夢八。伊勢音頭まで盛り上がります。

燕弥師は干物箱。巧みに鮮やかに演じ分けます。

織音師は百千鳥。娘の純真な姿が胸を打ちます。