ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小辰さん見応え十分 火事息子

まるごと三人集寄席夜の部です。

一蔵さんは疲れを見せずに置泥。

つる子さんは健気に弾む反対俥。

市弥さんは軽いタッチの高砂や。

音助さんは珍しい東と西の長短。

志の太郎さんは人間っていいな。

貞弥さんは村越茂助誉れの使者。

小太郎さんは力いっぱい唖の釣。

竹千代さんはためになる古事記

志ん松さんは間のいい猫と金魚。

笑二さんは独自の元気の転失気。

楽一さんは三人集&竹千代さん。

小辰さんは見応えある火事息子。