ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小辰さん 絶好調の木乃伊取り

研精会です。

市坊が道灌。

来春昇進の市楽さんは確かなお血脈

小もんさんは優しくソフトな金明竹

一花さんは踏みしめるように湯屋番。

遊京さんはムードを醸して粗忽長屋

小辰さんはくっきり演じ分けて木乃伊取り。

みんなしっかり稽古して腕を上げています。