ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談修師 腕と工夫の光る蛙茶番

立川流夜席です。

縄四楼が狸札。

寿昇進の志ら鈴さんは権助魚。しっかり演じます。

志の彦さんは真田小僧。ほのぼの感が広がります。

志ら乃師は親子酒。家元ゆずりのおもしろさです。

三四楼さんは鮫ラップ。意外なことに楽しめます。

談修師は蛙茶番。自然に運ぶ腕と工夫があります。