ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

遊三師 胸にしみる柳田格之進

国立演芸場の中席です。

遊七が孝行糖。

五月昇進の鯉斗さんは落ち着いた転失気。

鏡味よし乃さん。

遊花さんはほのぼののどかな和みの表札。

マグナム小林さん。

助六師は上機嫌に酔っ払っている替り目。

遊之介師はひょうきんな調子で真田小僧

桧山うめ吉さん。

遊三師は武士の魂が胸にしみる柳田格之進。