ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

市楽さんお得意の地噺 お血脈

神田連雀亭の新春顔見世興行です。

志の彦さんはめでたい一目上がり。

遊里さんは電報局前から噺家の夢。

吉幸さんは左談次風味の真田小僧

梅湯さんは谷風七善根橋場の長吉。

橋蔵さんは軽くしなやかに寄合酒。

志のぽんさんは味のあるぞろぞろ。

楽八さんは大師匠似の辰巳の辻占。

市楽さんはお得意の地噺でお血脈