ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

晴の輔師 金蔵が光る品川心中

立川流日暮里寄席です。

縄四楼がつる。

がじらさんは時は金なり。独自の感覚の新作です。

志ら乃師は看板のピン。真っ直ぐに押し出します。

雲水師は八五郎坊主。わちゃわちゃと楽しめます。

里う馬師は権助魚。どっしり厚みのある構えです。

こはるさんは六尺棒。着実に地力をつけています。

ぜん馬師は狸札。年季の入った枯れた味わいです。

晴の輔師は品川心中。バカだけどイイ奴な金蔵が可哀想になります。