ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小はん師 絶妙な間と確かな芸

久しぶりに梅田寄席です。

小はん師は時そば。そばをすするにも醸し出す味があります。

鯉朝師は喬太郎作の聖夜の鐘。なんて言うか甚五郎噺?です。

小はん師は禁酒番屋。番屋の侍がすっと自然に酔っています。

わかっていても絶妙な間に笑ってしまう確かな話芸です。