ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

里う馬師 厚く描く木乃伊取り

立川流日暮里寄席です。

縄四楼が子ほめ。

志の太郎さんは親子酒。きばって上等です。

志ら乃師はたらちね。サラサラナイスです。

志遊師は紙入れ。やさしく情感があります。

談四楼師は千早ふる。滑稽噺の外連が素敵です。

吉笑さんはあんちゃんやってるね。いいね!

米粒写経さん。

里う馬師は木乃伊取り。権助と座敷の空気が濃く満ちます。