ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小さん師 酷暑を凌ぐ渋い笠碁

酷暑の中の、国立演芸場の中席の千秋楽です。

小ごとが道灌。

かゑるさんは文ぶん作の東北の宿。いい感じ!

三語楼師はやかんなめ。滑稽噺の正統派です。

にゃん子金魚さん。

菊春師は親子酒。ファンキーな仕草が素敵です。

今松師はうわばみの夏の医者。玄妙な語りです。

アサダ二世さん。

はん治師は妻の旅行。しみじみと心に沁みます。

仙三郎社中。

小さん師は笠碁。伝統にシブ味がノッています。